ストレス管理 ミニマル思考

【〇〇するだけ】部屋が一生散らからない簡単な方法

2021年4月16日

こんにちは、引きこもりのコトリです。

 

道具を使って暮らしている以上
片付けは人間についてまわる永遠の課題とも言えます。

片付けてもすぐ散らかってしまう…。

と半ば諦めている方は多いかもしれませんね。

 

今回の記事を読むと

 

整えなくてもいい片付けの仕方がわかり
心に余裕を持つことができて
二度と散らからない部屋を手に入れることが可能です。

 

早速みていきましょう。

 

 

YouTube始めました! 動画でもお伝えしています↓

 

【整頓しないといけないシステムはしんどい】

 

ものがたくさんあると
整頓しないとすぐ散らかって
目にもうるさくて心理的に負担がかかりますよね。

 

気分が乗っているときにきちんと片付けても
長続きは難しいものです。

 

片付けをモチベーションに頼るのは危険です。

 

例えばたくさんの持ち物を
「これはこの引き出しを開けて左側のトレーに、それは戸棚の〇〇箱の中…」
と、たくさんのルールを作り
一つの隙間なくばっちり収納場所を決めたとしましょう。

 

やる気に満ち満ちている時はスムーズに進み
判断もすぐできるでしょうが
疲れている時、落ち込んでいる時に、
扉を開け、すでに入っているたくさんの物のフォーメーションを
崩さないように除けつつ
同じ場所にきっちりしまえるでしょうか?

 

たぶん多くの人は面倒になって
「休みの日にまとめてやろう…」
と手前に積み上げてしまうのではないでしょうか。

 

テンションが低い時に片付けができなくなって
自信を失ってしまいかねません。

 

【放り込むだけでOKな仕組みを作るメリット】

 

そこでお勧めしたいのが
「放り込むだけで片付けが完結する仕組み」を作ることです。

 

例えば

  • 服は洗濯して乾けばバスケットの中に投げ入れるだけ

  • 基礎化粧品もひとまずカゴにいればOK

など
「それさえすれば片付けは終わり」にしておくのです。

 

疲れていてもきれいな状態を保っていられることで
自己肯定感が上がりますし
「放り込むだけ」と
ワンアクションで終わるのが嬉しいところです。

 

このルールを作ると、放り込むだけで収まる量しか持たないことになり
見極めていくと
「いつも使っていたものの量がこんなに少なかったのか」
と愕然としますが
それこそが心の安定につながります。

 

置いていても目にうるさくない量で
自分がいつも本当に使うものだけを持てば
「片付けないと!」というプレッシャーから解放されて
心に余裕が持てますし
当然イライラすることも激減します。

 

【この仕組みをおすすめしたいタイプ】

 

この放り込むだけ収納に向いている人は全員
と言い切っていいほどおすすめしたいものですが
具体的には以下のタイプに大きく効果が出ます。

 

★忙しい人

 

とくに朝早く出かけて帰宅も遅くなりがちな方におすすめです。

ワンアクションでしまえて楽ですし
忙しくても片付いている部屋をキープできるので
片付けられないことに落ち込むこともなくなり
メンタルが安定します。

 

★気分の浮き沈みが激しい人

 

気分の良い時は片付くけど
つらい時も多くて散らかっている期間も長いという方も
少しずつでもぜひチャレンジしてみてください。

 

本当に使うものだけに厳選してしまえば
気分に関係なく片付いた状態をキープできます。

キープできて心が安定すると
気持ちの浮き沈み自体が穏やかになります。

 

★疲れやすい人

 

身体的な疲れももちろんですが、
集中力が途切れやすく思考があちこちに散らかって
しまう人にもお勧めです。

 

これは私自身が当てはまるのですが
目に入るもの全てが気になって
無意識に「考え疲れ」をしてしまうのです。

 

私のように考え疲れしやすい人は
目に入ってくる情報
処理すべき作業を少なくする
とても楽で本来するべき事に集中しやすくなります。

 

【やり方は簡単!】

 

具体的なやり方といっても
最初の考え方だけを頭にセットすればとても簡単です。

 

★まず収納をスカスカにする

 

今使っているものだけ残して
処分する方向で片付けていきます。

 

思い出の品は極力残しません。
頭のリソースを持っていかれるからです。

 

いつかやるかなと思って残してあるものはまずやらないので
万が一やりたくなれば
その時にまた買い揃えてリスタートするスタンスでいて下さい。

 

★持ち物は容量の50%

 

今必ず使うものだけを残せたら、さらにそれらを
収納の容量の半分だけにするのを目指してください。

 

容量いっぱいに詰めたくなるのが心理ですが
それに従ってしまうと元のもくあみになるので
グッと堪えてください。

 

また、収納用品を買い足して分散させるのは
目的からずれていますので、増やしてはいけません。

 

収納を足さずに
入れ物をいっぱいにしないことさえ身につければ
あとはラクラクです。

 

服でも、たたまずに投げ入れられる位の
スカスカ加減がベストです。

 

ただ放り込めばOKという状態にしておけば、
ものの数分で片付けが終わり、すごく楽です。

 

常にスカスカ、ガラガラの入れ物に
ただ放り込む生活スタイルにしておくと
いつでもきれいな状態にリセットできて
計り知れない心の安定が得られます。

 

【自分が楽になるので絶対やって損なし】

 

最初ものが多い状態から片付けをスタートする人には
少し大変かもしれませんが
この楽な状態をキープできると思って最初だけ頑張ってみてください。

 

絶対にやって損はありませんので
これは自分が楽になるための少しのハードルだと思いましょう。

 

今日はここまで。

-ストレス管理, ミニマル思考
-, , ,

© 2022 生活のすべてがコンパクトなアラフォー独身女のストレスフリーライフ Powered by AFFINGER5