自己投資 自己肯定感アップ

【簡単にスタートできる】おすすめの朝活6選とメリット【注意点あり】

2021年3月8日

こんにちは、引きこもりのコトリ(@minimalist_cot)です。

 

朝活、とてもはやっていますよね。

 

Twitterをのぞくと、土日も関係なく
深夜のような時間から起きて活動している
猛者もちらほら見かけます。

 

私は今日2021/03/08で朝活100日目なのですが
おかげさまで1日も欠かさず続いています。

 

やる前はできるかどうか不安だった朝活でしたが
おかげで継続力がつき、体調も崩さずにここまでこれました。

 

朝活って早起きと同じようなものじゃないの?

 

と思われがちですが、

朝活は、朝「活動」の略であることからわかるように
目的を持って早く起きることです。

 

今回は

朝活のメリット 方法 注意点

についてそれぞれご紹介します。

なお、勉強会など複数で集まる類ではなく
「1人でできるもの」がメインになっております。

 

【朝活をするメリット】

 

★集中力があるので夜よりもできる内容が濃い

 

朝起きてエネルギー充填された状態なので
いろいろやってもまだまだ午前中の早い時間だという
得した気分にもなりますし
「午前中にこれだけのことができたのだ」と言う達成感
少しずつ自分の自信になっていきます。

 

★体調が整う

 

早起きをすることで睡眠が深くなります。

 

太陽を浴びる時間が長い分
セロトニンと言うホルモンがたくさん作られます。

 

セロトニンは感情や自律神経のコントロールに関わり、
不足すると
「いつも何となく調子が悪い」という
慢性的な体調不良を引き起こします。

 

夜になって、昼間分泌されたセロトニンをもとに
これが質の良い睡眠に導いてくれるメラトニンが作られ
疲労をしっかり回復できる
と言う流れです。

 

【おすすめ活動6選】

 

それではおすすめの朝活を紹介します。
いずれも思い立ったらすぐ計画立てて始めらるものです。
気軽に取り組んでみて、ぴったりなものを見つけていってください。

★語学学習をはじめとした各種勉強

 

朝は脳がリフレッシュされて間もないので
調べ物や暗記がはかどり、効率よく勉強できます。

 

周りが静かなので
インプットばかりではなく、発音や作文など、
アウトプットもやりやすいですね。

 

学習アプリも充実しているので、スマホがあれば
布団から出る前に朝活に取り掛かれます。

 

私の英語学習はアプリが中心ですが
たかがアプリと思わずに継続していたところ
日常生活で英語ニュースが出てきても
躊躇せずにヘッドラインを読めるようになりました。

 

ハードルが低いと継続がしやすいのでお勧めです。
あれこれ欲張らずに期間とやる量を定めて

 

たとえば「今週は単語」「来週は文法」と分野を決めると
無理なく学習が蓄積されていき、結果が目に見えて自信になります。

 

ある程度のレベルに達している方は
平日毎日課題が届くこちらのサービスもあります。

ネイティブに語学の質問ができるアプリ「HiNative」の
アウトプットに特化したものです。

英作文と発音を投稿すると
すぐに先生から模範解答が音声つきで確認できます。

HiNative Trek

 

 

★ストレッチ

 

血流を良くして頭を働かせるために
ゆるいストレッチをやるのもお勧めです。

 

ストレッチをすると、脳に血が巡ってくるのがわかります。
普段意識することのない脇腹を伸ばすと
不思議と肩も頭も楽になり
1日のスタートを機嫌よく切れるのでおすすめです。

 

例はあげましたが、難しいことはしなくて良いので
眠ってる身体を起こすために体を目覚めさせる目的だけでokです。
できる範囲と言うことがポイントです。

 

★趣味

 

平日好きなことができずに悶々としている人にお勧めです。

 

絵を書くことやハンドメイドなど
ある程度手の込んだことも
早く起きた分時間を確保でき集中もできます。

 

★読書

 

日中時間がなくて読書することができない
朝の10分15分は集中力が高まっているので
夜読むよりもずいぶんとページをめくることができます。

 

もちろん早く起きれば起きるほど
読める量も増えて、もしかすると1回の朝活で1冊読めてしまうかもしれませんが
まずは1段落ごとに読み進めてみてください。

 

頭が冴えているので
内容が文脈としてつかみやすいことに驚かれると思います。

 

★副業

朝の1時間は夜の1時間に比べたくさんのことができます。

 

ブログ書きやフリマサイトに出品など
朝はアウトプットにも向いているので
1時間早く起きれば、それだけたくさんの副業ができます。
体調も整ってお金も入れば言うことなしですよね。

 

それから、まとまった文章をかけたという達成感を朝のうちに味わえるので
夕方の「今日は自分のためになにもできなかった」という
疲労とともに襲ってくるがっかり感を防ぐのにも効果的です。

 

★片付け 掃除

早く起きた分を掃除や片付けに当てることもできます。

 

不用品の判断も、朝のスッキリした状態ですれば
迷いが出ずにかなり捗ります。

 

掃除も毎日少しずつすることで
力を入れずにスッと終わらせることができ
だんだん時間が短縮されて
空いた時間は他のこともできるようになるかもしれません。

 

平日の朝にしておけば週末には余裕ができ
そのまま続けていけば
年末には大掃除をしなくてもよくなる特典もついてきます。

 

【朝活の始め方】

 

★起きてすぐにやることを決めておく

 

特に平日は朝活も限られた時間でやらないといけませんので
決めたことに取り掛かれるように
あらかじめ用意をしておきます。

 

起きてすぐ取りかかれると
タスク消化できた爽快感で1日をスタートできます。

 

前日、寝る前にテキストとノートを机に広げておくなどは
早起きとセットで取り入れたい習慣です。

 

★周りに朝活をすることを宣言する

 

時間の確保ももちろんですが、継続させるためには
周りの目を上手く使うのも手です。

そのためには
TwitterなどのSNSを活用し#朝活というタグを使って
「自分は朝活」すると宣言します。

 

すると同じタグを使って発信している人の目に留まり
朝活仲間ができていきます。

 

宣言することによって
「言ったからには実行しよう」と奮起しますし
周りもやっているという心強さのおかげで
挫折しにくくなります。

 

他にやっている人や
その内容を見て刺激をもらうということもできます。

 

★早く寝る

 

朝活の大前提として
睡眠時間を確保することがまず優先です。

 

前日夜おそくまで起きて
なおかつ朝も早く起きようとすると
当たり前ですが睡眠不足になるので
その日の生産クオリティが上がりません。

 

睡眠をしっかりとらないと寝覚めが悪く
朝活の中身にも支障が出てしまいます。

 

【はりきりすぎに注意】

 

さあ、明日から早速朝活しよう!と意気込む方もいらっしゃると思いますが
張り切るのは最初だけだとすぐに息切れしてしまいます。

以下の点に気をつけて、少しずつ慣らしていきましょう。

 

★意識の高すぎる計画を立てない

 

最初から張り切りすぎて
今まで7時に起きていたのに
急に4時に起きようとすると
あっという間に挫折してしまう恐れもあります。

 

そして、やることを詰めすぎないことも大切です。

 

朝活をするということは
その後、昼も夜も活動する1日のスタートの初っ端の部分ですから
そこに詰め込みすぎると
すぐに疲労してしまい
日中使い物にならなくなってしまいます。

 

最初は「もう少しできるかも」くらいでやめておき
徐々にできることを増やしていけば
息切れせずに活動を続けることができるでしょう。

 

★朝活をやることによって達成したい目標を必ず立てる

 

早く起きてもやることがないと意味が薄らぎますし
朝活を積み重ねることによって
できるようになりたいことを
目標として立てておくことが大切です。

 

ゴールがあって初めて続けることができます。
早寝習慣とともに目標もしっかり考えたいものです。

 

★用意は前日の晩までに用意しておく

 

せっかく早く起きても起きてから何をしようと考えるのでは
時間がもったいないです。

 

先にも書きましたが、準備は
スムーズに物事に取り掛かるための大事な手順に含まれます。

 

ある程度の長いスパンで
例えば「1週間分の内容」を決めておくと
朝起きてすぐ取りかかれることができますし
目標がブレずに内容の濃い活動ができます。

 

【少しずつ続けて自信をつけましょう】

 

今回は大変な用意などをせず
また寒い思いをせずに無理なく出来る活動を紹介しましたが

 

気温が上がって活動もしやすくなれば、その分朝活がしやすくなります。

 

自己肯定感を高める目的でも
30分早く起きて活動してみると自信につながり
それがやがて大きく実を結ぶことになります。

 

毎日少しずつの朝活が確実に力になります。
ぜひやってみてください。

 

今日はここまで。

 

-自己投資, 自己肯定感アップ
-, , , ,

© 2022 生活のすべてがコンパクトなアラフォー独身女のストレスフリーライフ Powered by AFFINGER5